ウォーターサーバー

むくまない水の飲み方

水を飲むとむくむということはありません。
逆に水を飲まないとむくんでしまいます。
何故かといえば水は生命活動に重要なものであるのに、あまりに身体に入ってこないことで身体が体内から水分を逃さない様にしばりつけてしまいます。

新たな水も入ってこないままに入れ替わらなかった水分がむくみとなるのです。
ちなみに胃の中に食べ物が入っている状態で水分を取るとますますむくんでしまいますので、注意しましょう。
さらに大量に飲むのも腎臓に負担をかけるだけで意味がありません。

大体1回を200mlのペースで、喉が渇くと感じる前に飲むのがいいのです。
適切に水を飲むようになると古い細胞の水と入れ替えられ、新しい水が細胞の中に入っていきます。
古い水は老廃物と一緒に尿や汗となって出ていき、また喉が渇く前に飲む水によって同じようなことが起こります。
新陳代謝が活性化するのです。

その状態が続きますと、体内でむくみとなっていた成分も解放されて老廃物としてでていきやすくなるでしょう。
またむくみの原因は水だけではありません。
インスタント食品による塩分の摂りすぎや運動不足などもあり、特に朝から夜まで立ったまま仕事をする人は重力で水が足のほうにたまってきますので、夕方頃になると足がパンパンになってしまい、靴が窮屈になってしまうことも珍しくはありません。

立ったまま仕事をするので足がむくむのは少しでも歩くなどの運動をしたり、動いてはいけない場合は少し足を動かしながら、席を外した時などに軽めのマッサージをしておきましょう。
そして帰ったらゆっくりと疲れを摂りながら半身浴などのマッサージをして全身に周すように心がけましょう。
寝る時には足を少し高くしておくことも重要です。

なぜならば足のむくみを放置しておくとセルライトになってしまう可能性が高いのです。
セルライトはむくみと老廃物が結びついたものでなかなかとれません。
さらにこぶのようになり、血流の流れの邪魔をすることからもあってはならないものなのです。

このページの先頭へ