ウォーターサーバー

水が肌や髪に与える影響とは

一番風呂に入った時にしばらく肌がピリピリと刺すという経験はありませんか。
やがて気にならなくなることから、身体が冷えていて温まったから感じなくなったと考えるようですが、それは肌が水のカルキの攻撃を受けているのです。
それではなぜしばらくしたら治まるのかといえば、肌の成分が溶けだし、お湯をマイルドで刺激のないものに変えてしまうからなのです。

つまり後に入る人には全く害のない水になり、一番はじめに入った人の肌だけが犠牲になります。
しかし最近はシャワーなどもあり、湯船のお湯で髪や身体を洗うということもなくなりました。
つまり刺激のある水(湯)に界面活性剤で、肌や髪を洗っているのです。
肌が弱くない若い人にとってはいますぐにどうこうなるという問題ではありませんが、ダメージは見えないように蓄積されていきます。

また肌が弱い人にはかなり早い段階から表れてしまいます。
残留塩素によって肌を傷めてしまうのです。
そもそも残留塩素はたんぱく質と結合しやすく、結合すると活性酸素に変わり、その細胞を破壊する働きをもっています。
髪を洗ったら頭皮がかぶれたようになる人は、まずシャンプーの方を疑わなくてはなりませんが、シャンプーを使わなくても赤くなる場合は頭皮が負けてしまい、善玉菌と呼ばれるよい菌まで取り除いてしまい、守るべきものがなくなってしまうからです。

肌にアトピーやかぶれができる人などは風呂場の水、洗面台の水、台所の水といったすべての水に浄水器を着けている人もいます。
他には炭やレモンを入れてカルキの威力を弱めるなどといった工夫をしています。
お風呂に入ると菌が殺されるのならば入らないといい意見も違います。

確かに良い善玉菌も排除されますが、悪い菌が排除される方が圧倒的の多いのです。
昔は衛生面の悪さから流行病が流行ってしまい、今でも手洗いが欠かせないように水による消毒はとても大切なものなのです。
肌が荒れる人は荒れない工夫を施して、水と上手に付き合いましょう。

このページの先頭へ