ウォーターサーバー

アトピーや肌荒れには水が影響している!?

水仕事をしていると手が荒れるのは当たり前と言いながら、使う洗剤によって荒れるものだと考えていませんか。
確かに洗剤も強力な化学物質であることは変わりませんが、水道水の中には残留塩素が残っています。
これは最期まで綺麗な水を届けるための揺るがない規定ではありますが、実際に塩素が入った水は肌を傷める原因になっているのです。

これはお風呂でも変わりありません。
お風呂は水道水を温めたもので、沸騰させたら入れません。
また適温40℃前後が塩素の活性が最も高いので、一番肌の表面を守っている油分が取れてしまい、乾燥肌になってなってしまいます。
乾燥肌になっている状態だけでも問題ですが、肌が弱い人などはアトピーやかぶれなどといった症状が身体にでてしまう人もいます。
しかもまさかお風呂のお湯やシャワーなどが原因であるとは思いもしないので、何にかぶれたのか、何のアレルギーを発症してしまったのかという思い違いをしてしまいます。

プールの方が消毒しているために塩素は強いです。
しかし特別な水泳選手でもない限り、プールに入ることはあまりありません。
しかしお風呂は当たり前ですが毎日、入ります。
アトピーや乾燥肌をさらに傷めつけてしまう行為になります。
水は飲み水だけではありません。

だからといってミネラルウォーターの水でお風呂というのは無理ですので、各家庭で塩素を浄化する工夫を考えましょう。
まずお風呂のお湯ですが、実は一番初めに入った人だけが塩素の攻撃にさらされてしまうのです。
一番風呂に入ったら肌を刺すような感覚に襲われたことはありませんか。
寒さから温まっている証ではなく、塩素に攻撃されているのです。

すぐに収まるのは肌からでた表面のたんぱく質との結びつきでお湯がマイルドになるからで、後に入る人には無害なお湯になります。
しかし一番風呂の人を犠牲にするわけにはいきません。
活性炭か切ったレモンを穴の開いた容器に入れて浴槽に入れておきましょう。
またシャワーは浄水器が付いていない限り使わない方がいいでしょう。

このページの先頭へ