ウォーターサーバー

便秘の大きな原因は水不足だった!?

便が出なくてお腹が苦しいという人の多くは食物繊維不足か、水不足のために便が腸に詰まってしまっている状態といってもいいでしょう。
食物繊維が不足している状態では腸が動くことがなく、水分が不足している場合は腸内に宿便をつくり、便秘になってしまっているのです。
水を飲むことで腸は刺激をされます。

大量の水を飲んでお腹を壊せばいいというわけではありません。
便秘も病気の一種といってもいいですが、無理に体調を悪化させるようなことはしなくても、正しい水の飲み方で便秘は解消されるのです。
まずは朝起きた時に、水をコップに1杯飲みます。
200mlぐらいが適量です。

朝食の時も水分をしっかりと摂りながら朝食を摂りましょう。
9時から10時の間に200mlくらいの水を飲みます。
会社で水筒に入れていたり、学校でも休み時間に飲むことは大丈夫でしょう。
昼食も水分を摂りながらしっかりと食べます。
14時から15時におやつと一緒に水分を摂るのもいいでしょう。
17時から18時に再び水を飲みます。
200mlが目安です。

夕食時に水を飲みながらの食事をします。
特にアルコールを摂る場合はアルコールを飲む前と後に水分を常温で飲んでおきましょう。
入浴前と入浴後に水を飲みます。
寝る前に水を飲んで就寝します。
これで1日に2リットルの水を飲むということができるようになります。

これを繰り返していると頑固な便秘も解消されるようになります。
勿論、個人差がありますのでなかなか効果が出なく、逆に尿が近くなってしまうのですがという人もいますが、尿は余計な老廃物を排出する効果があります。
デトックス効果です。

またあまりに効果がない場合は野菜の植物繊維の力を借りてみるのもいいでしょう。
青汁を1回か2回、回数を守って加えるというのもいいでしょう。
しっかりと守っていれば水の効果は表れます。
ただしあまりに硬度の低い水だと時間がかかり、高い水だとお腹を壊す危険があるので注意してください。

このページの先頭へ