ウォーターサーバー

ドライアイには軟水が有効!

ドライアイは大きく2つに分類することができ、涙の量が減ってしまう「量的な異常」と涙の性質や涙を保持する能力が変化する「質的な異常」です。
「目がショボショボする」「かすむ」「まぶしい」などの症状があっても、自然と目を保護するための涙が出ない病気の一種なのです。
そんなドライアイには軟水を飲むことによって、その摂取したものがそのまま涙となるとさえ言われています。

ドライアイになるのはパソコンを使っている状態が多いと言われ、肩こりなどを引き起こしてしまいます。
肩こりの元になる乳酸を中和してくれることから、硬水が飲まれることで身体の疲れを取ろうとしますが、実は硬水の場合は含有しているミネラル成分が邪魔をして、涙の成分になりにくいとされているのです。
ですから肩こりをほぐすのに硬水を飲んだら、ドライアイを直すために軟水を飲んで涙が出やすい成分を作るようにしましょう。

涙は悲しい時だけにでるものではなくて、眼を守るためにも必要なのです。
ですから男の人にも絶対に必要なものですので、男だから簡単に泣かなくすんでよいなどというような時代錯誤的な考えはもたないで、きちんと軟水も飲むようにしましょう。
眼が乾燥して血走った状態での作業の続行は大変危険です。

またドライアイが進行してしまうと、「ものもらいができやすくなる」ことが多くなり「精神的ストレスも大きくなる」ようになります。
ドライアイとは眼の病であり、眼は表にむき出しになっている脳の一部とまで言われています。
そのために守るべき機能はたくさん備わっており、涙で潤すのもその機能のひとつです。
悲しい時に泣くという感情的なだけのものではないのです。

しかし泣くことを我慢することはないのです。
感情は抑え込むとストレスになってしまいます。
泣きすぎても目がしょぼしょぼしてしまうことがあります。
そういう時にも目を濡れタオルで覆いながら、軟水を飲むなどのケアをしていきましょう。

このページの先頭へ