ウォーターサーバー

浄水器とウォーターサーバーの違いとは

浄水器とウォーターサーバーの一番大きな違いはベースとなっている水の違いともいえます。
浄水器は水道水を浄化するために水道の蛇口などに取りつけます。
ウォーターサーバーは頼んでおいた天然水やミネラルウォーターなどといったものが、機械を通してでてきます。

つまりベースとなる水自体に違いがあり、水道水にミネラル成分がないことはありませんが、それすら浄水器によってはどうなるか分からず、純水に近い状態の水になります。
一方、ミネラルサーバーはきちんと管理された水が機械の中で冷やされたり、温められたりした状態で、ミネラル成分もそのままに飲むことができます。
また浄水器は管理やカートリッジの交換などがかかります。

カートリッジなどを変えたり、隅々までの掃除などをしなければ綺麗な水など安心して飲むことが出来ません。
またカートリッジは1年に1回の交換とはいえその汚れに、水道水の汚れが目に見えて分かるようになると、換えないという選択肢はありません。
つまり浄水器も付ければそれでいいというものではありません。

水代は水道代ですが、カートリッジの購入、自分で隅々まで掃除をしなければなりません。
ミネラルサーバーは毎月の水代や電気代という出費が大きいとは言えます。
しかし掃除や管理は手軽で、しかも本体はレンタルであるということからも、少しでもおかしな点がありましたら、気軽に業者に尋ねることができます。
メンテナンスもしてくださいますので、複雑な内部ではなく外部の掃除だけで安心して美味しいミネラルウォーターを飲むことができます。

浄水器で本当にミネラルサーバー並みの純水などを求めるとしたら何十万というものを設置しなければなりません。
またその浄水器を綺麗に保たなければならず、管理が難しいのが浄水器の難点です。
ミネラルサーバーは管理は簡単ですし、メンテナンスもしてくれますが、毎月の水代、電気代というコストがかかり、置き場所の問題もあります。
自分の生活スタイルに合った方をお選びください。

このページの先頭へ