ウォーターサーバー

水とダイエットの重要な関係

水でダイエットをするということはよく聞かれますが、くれぐれも水だけを飲むダイエットではないということを忘れないでください。
飲む水と食べる物の中に含まれている水分で約2.2リットル~2.5リットルの水を取ることが水でダイエットをすることに繋がります。
食事を摂らないで水ばかりを飲んでいますと「水中毒」という症状を起こしてしまうかもしれません。
水中毒とは過剰に水を摂取するによって、血液中のナトリウムイオン濃度が低下し、疲労感や頭痛、吐き気などの症状を引き起こしてしまうだけでなく、症状が重くなると痙攣、昏睡、死に至るケースもあります。

当然です。
いくら人間が水があれば生きられるといっても数日なのですし、動くことも出来なくなります。
置き換えダイエットには絶対になりませんので注意してください。
ではどんな効果があるのかと言いますと、まず水を飲むことで満腹感が得られ、自然と食欲が抑えられます。
ただし食事前に大量に飲むのではなく、あくまで細目に飲むことであまり空腹を感じないような状態にしておくのです。
大量に飲むと胃酸が薄まり、食べ物の消化が悪くなるばかりか、胃の調子も悪くなってしまうことになります。

さらに便秘に悩む人にとっては便秘解消効果があります。
実は便秘の人の多くは水不足からなっている場合があるのです。
水は腸内の食物繊維を膨張させ便を排出させるのですが、水分が少ないことによって腸内に宿便をつくり、便秘になってしまうという状態になるのです。

また水をたくさん飲むと汗や尿などという形で体内から排出されます。
その時に老廃物も一緒に排出するというデトックス効果があるのです。
つまり便や尿などによって体内に溜まってしまっている無駄な老廃物の排出促進を促し、しかも代謝も上がることで体内の中がより活発になり、体内浄化もされやすくなるのです。
抑えられる食欲に、排出される老廃物は十分にダイエット効果をもっています。

このページの先頭へ