ウォーターサーバー

バナジウムに期待できる効果とは

バナジウムは、元々人間の体内に存在する物質で、食品の中にも成分が含まれているものがあります。
しかし富士山の天然水ほどに豊富に含まれているものはありません。
富士山は全国的にも珍しく、玄武岩が多い地層になっています。

そのため玄武岩を通過した自然の水にはバナジウムには含まれています。
バナジウムは人気のある成分ですが、どのような効果があるのでしょう。
それは「血糖値を下げる効果」であり、糖尿病予防としての高い効果があるとされているのです。

バナジウムとはインスリンと酷似した性質があるために、体内に摂取されることによってインスリンの代わりに血糖や筋肉、内臓に取り込む触媒の働きをしてくれるというわけです。
さらに血糖値が下がることによって血液がサラサラになり、成人病や生活習慣病の予防になると言われています。
血液がサラサラになって体内を潤滑に廻ることは血栓ができにくくなるということですので、動脈硬化を防ぐことで、心筋梗塞や脳梗塞などになりにくくなるということなのです。

また血糖値が下がるということは脂肪が付きにくくなるということでもあるということから、ダイエット効果があると言われています。
実際にバナジウム天然水をダイエット目的で飲んでいるという人もいますが、その効果はダイエット効果だけに留まらず、熱中症対策にもなるとされています。
実はバナジウムはまだまだ研究途中の成分でもあると言われています。

ただ他にも身体の毒素を排泄するデトックス効果や美容効果なども言われており、身体だけではなく美容にも良い水とされているのです。
ただ注意していただきたいのが富士山のバナジウム天然水と書かれていても採れる場所によってバナジウムの数値が大きく違っています。
市販で発売されているバナジウム天然水500ccのペットボトルは、バナジウムが含有量30μgで硬度30位が多いのですが、中にはバナジウムが通常の約5倍程含まれているミネラルウォーターもあります。
よく見て飲むバナジウム天然水を選びましょう。

このページの先頭へ