ウォーターサーバー

人体と水の関係を知る

人間の身体は60%~70%が水分でできています。
赤ちゃんにいたっては80%です。
人間は水がないと生きていけません。

夏の暑さに脱水症状を起こして、今では熱中症と呼ばれる水分不足によって倒れるようなことも珍しいことではなく、十分な注意が呼びかけられています。
水分は身体を廻り、様々な働きをします。
体温調節のために汗をかき、その水分補充のために水を飲みます。

1日に必要な水の量は2.2リットルと言われており、ペットボトルをみればどのくらいの量なのかということも分かります。
そして最近では水道水ではなくミネラルなどの成分をたっぷりと含んだミネラルウォーターを飲まれることが勧められています。
水道水にはカルキが含まれているということもありますが、ミネラルが天然水ほどにはないのです。

汗をかくことで体内から水分だけではなく、塩分も失われます。
その補充として飲む水がミネラルの中でもナトリウム(天然塩)が多いものが好まれるのです。
水道水に塩を入れてくる人もいますが、塩が入った水は余計に喉が渇きますし、何よりも血圧に対する心配があります。

水だけならばいくら飲んでもいいというわけでもなく、水分を摂りすぎてしまうと細胞の外側部分の液自体の浸透圧が急に下がってしまい、低ナトリウム血症による頭痛を引き起こす可能性もあるので、バランスを考えて飲む必要があります。
水は同じ濃度になろうとする働きがありますので、体内の多くの細胞間でも水の出入りが調整され、体全体が同じ浸透圧のバランスで保たれるようになります。
さらに身体の中には日に日に老廃物が溜まっていくようになります。

それらが新しく入ってきた水と入れ替わった古い水と一緒になって尿や汗などという形で古い水分となって外へ排出することで、その時に老廃物も一緒に外へと押し出しているのです。
喉が渇いたと思う前に細目に水分を補給することを心がけることによって、体内に必要な水分を摂りいれ、身体の水分バランスも整えられるのです。

このページの先頭へ