ウォーターサーバー

水素結合水の優れた抗酸化力とは?

水素結合水とは、不純物を取り除いた水に水素を気体のまま溶かした水のことで、水素を多分に含んだ抗酸化飲料のことです。
もう抗酸化飲料といいきってしまっているのは水素が地球上で最も抗酸化力に優れた物質であるといってもいいからです。
抗酸化というのは身体の錆びさせないことです。

人間は呼吸をする過程で活性酸素を生み出します。
活性酸素も必要なものなのですが、量が多いと身体の正常な細胞を傷めつけてしまいます。
それでも年齢の若いうちは身体の内側で、抗酸化物質というものが作られているのですが、加齢と共に減少してしまうのです。

しかし抗酸化物質が減っても呼吸を続ける人間の活性酸素は変わりません。
つまり抑えきれなくなってしまうのです。
抑えきれなくなった活性酸素はシミやシワなどといった表に見える肌の老化や、血管の硬質化やガンになる可能性を秘めています。

そこで抗酸化は重要視されているのです。
水素結合水の水素は体内の余分な活性酸素を除去する働きもあります。
ちなみにここまで水素結合水が注目を集めるようになったのは、余命1ケ月と宣告された腎不全の猫が奇跡の生還を果たしたドキュメンタリーが2006年12月に放送されたことからです。
余命1ケ月と言われた猫はおよそ1週間で死の淵から奇跡の生還を遂げたことから、様々な飼い主が目を向けるようになり、多くの動物の寿命が延びるようになったのです。

犬や猫に効き目が実証されて、人間も注目している水素結合水は同じように作られているのかといえば、人間用は「厚生労働省」の基準であり、動物用は「農林水産省」の基準のものとしてきちんと決められていますので、間違って飲んだり、与えたりしないように注意しましょう。
元々活性酸素による酸化、老化が様々な病気の原因であると分かってきたために、現代医学においては、いかに余分な活性酸素を除去するかが課題にもなっているほどなのです。
そういう意味では水素結合水は身体にとって価値の高い水といってもいいでしょう。

このページの先頭へ