ウォーターサーバー

水道水に含まれる有害物質

日本の水は綺麗で安心して飲めると考えていませんか。
実は日本の水で最後まで取り除かれないのが「塩素」なのです。
つまり塩素入りの水が今の水道水では普通なのです。

塩素は水と結びつくことで化学反応を起こし「トリハロメタン」が生まれます。
トリハロメタンは発癌性を持つ成分で、さらには肝障害や腎障害などの症状を引き起こしてしまう可能性があるのです。
日本の水道水は1992年には水道水中に含まれるトリハロメタンの総量を健康に対して直ぐに害の出ない状態である1日3リットルの量を70年間毎日飲用して、10万人に1人がガンになるとされる状態で規制しています。
ですが、流産の恐れもあるということですので、妊婦の方や赤ちゃんは水道水は避けた方がいいでしょう。

どうしても水道水しか飲めないと言う人は水を沸騰させて、さらに10分間沸騰させ続けてください。
そうすることによってトリハロメタンはなくなることができると言われています。
それを冷まして飲むことにで、水道水からのトリハロメタンの心配はなくなります。

しかし水道水はマンションなどは貯蔵タンクが設けられていますが、その中は動物の死骸などがあったなどという話も珍しくはなく、話を聞いただけで飲みたいものではありません。
貯水タンクがあるところに住んでいる人は別の意味でもご注意ください。
他に老朽化した水道官から鉛が溶け出すと言うことも多いのです。

現在では鉛を使用することは禁止されていますので入っていることはありませんが、昔からの水道管にはその危険は十分にあり、自分の家にくるまでの水道管の全てを把握は出来ません。
一応そうかもしれない水を飲み続けいますと痴呆や脳炎、腎臓障害を起こす可能性があるのです。
しかも鉛の成分は体の中に吸収されやく、体外に排出されにくいという特徴がありますので、老廃物として排出されることも難しいままに体内に止まり溜まっていってしまいます。
鉛を取り除くことはとても難しいので、ミネラルウォーターやミネラルサーバーの水に変えて飲むように心がけましょう。

このページの先頭へ