ウォーターサーバー

残留塩素が水のおいしさを邪魔している!?

日本人は水に恵まれた水の国に住んでいます。
当然、水道水があるのは当たり前で、水は蛇口をひねると出てくるもので、確かに水道代というのは必要経費でしたが、飲み水としての不自由さは感じられていませんでした。
ところが気がつけばいつの間にか水はミネラルウォーターという名で売られており、水道水との味の違いに皆が惹かれていくようになりました。

水道水は雑菌や細菌などが入らないようにするために、塩素を最後まで残しています。
それが残留塩素と呼ばれるものであり、水道水のカルキ臭の元です。
ミネラルウォーターなどが売られるようになるまで、井戸や湧水は特別に美味しい自然の中にあるから、こんなにおいしいのであって、水道水が少し臭うのも仕方がないと思われていました。

しかし人間は一度贅沢な味を知ってしまうと止まりません。
あっという間にミネラルウォーターは日本に広がりました。
コンビニからスーパー、今では自動販売機でも普通にミネラルウォーターという水が売られているのです。

ミネラルウォーターに慣れてしまうと水道水がとんでもなく不味く感じるようになってしまいます。
特にカルキ臭は鼻をにつくようであり、これは残留塩素による影響でしょう。
勿論、塩素は水道水を安全に飲めるようにするためには欠かせないものでありますが、それが味の邪魔にもなっているという矛盾は大きいです。

しかしカルキ臭を和らげる方法としての方法もあります。
沸騰させる、冷やす、レモンの汁などをいれるなどといった方法で、実際にカルキ臭は消えて飲みやすくなります。
しかし実際には今では高級とされる料亭などの店では当たり前のように天然水などの水を使って料理をし、本来の味や出汁のよさを引き出しています。
逆に食べやすい気軽な店でカルキ臭の味のひどい料理に幻滅をしたという味の書き込みやレビューがあるなど、日本人の舌はそんなことまで分かるようになったのかと感心しながら、水道水の安全性が味を損なうのは食べ物にも影響を及ぼすようです。

このページの先頭へ